停車場遍路のJR各駅停車

JRの駅巡りの際に撮影した記録画像を駅毎にアップします

大船渡線

大船渡線-34:盛駅

「盛」は三陸鉄道と共用駅で旧大船渡線の線路跡が専用道になっている。 JR駅舎 出改札:みどりの窓口もある 運賃表 鉄道時代の駅名標をそのまま利用している 三鉄の駅舎は別にあるのだが中でつながっている 手前がBRT乗り場で奥が三鉄乗り場 上り方面を見る …

大船渡線-33:大船渡駅

「大船渡」は専用道上のBRT駅で旧鉄道駅跡にあり、行き違いポイントを兼ねる。 駅前ロータリー:鉄道駅のものとしても立派過ぎる 下り方面を見る 待合室とトイレ 上り方面を見る --- つづく ---

大船渡線-32:大船渡魚市場前駅

「大船渡魚市場前」は専用道上のBRT駅である。BRT化後の新駅なので対応する旧駅はない。 上り方を見る:単線の両側に乗り場がある、待合室は無い 振り返る これまでちゃんと撮ってないが、これが駅名標 これが魚市場 --- つづく ---

大船渡線-31:下船渡駅

「下船渡」は専用道上のBRT駅である。旧鉄道駅跡にあり駅舎は残っている。 入口:右の建屋が駅舎で待合室になっている 下り方面乗り場 上り方面乗り場:奥に駅舎が見える --- つづく ---

大船渡線-30:細浦駅

「細浦」は専用道上のBRT駅である、旧駅跡が下り寄りにあってホームも残っている 入口 横断帯から上り方を見る:行き違いポイントを兼ねる 振り返る:この先が旧駅跡 上り方面乗り場:待合室・トイレ付 下り方面乗り場 駅舎跡:ポストだけが残る 港を見下ろ…

大船渡線-29:碁石海岸口駅

「碁石海岸口」は専用道上にあり、BRT化後の新駅である。 一車線(単線)の両側に上り下りそれぞれの乗り場がある 自転車置き場も確保されている 下り方面乗り場を道路側から見る --- つづく ---

大船渡線-28:小友駅

「小友」は専用道上のBRT駅で旧鉄道駅跡にあり、行き違いポイントを兼ねる 下り方面乗り場 上り方面乗り場 上の画像の背面:旧駅正面側となる --- つづく ---

大船渡線-27:西下駅

「西下」は一般道のBRT駅で、実態はバス停である。BRT化後の新駅である。 下り方面:他事業者とバス停名が異なることが多い 上り方面 旧線路跡は下の平地を通ってるが分かりにくい --- つづく ---

大船渡線-26:脇ノ沢駅

「脇ノ沢」は一般道のBRT駅で、実態はバス停である。専用道が整備されるまでとはいえ、旧鉄道駅跡と直線距離で1km以上も離れているのは不可解である。一般道上でもっと近いポイントはある。 下り方面は待合室と屋根がある 上り方面はバス停のみ 旧駅跡に向か…

大船渡線-25:高田病院駅

「高田病院」は一般道のBRT駅で、一部の便が公共施設を経由する迂回ルート上にある。実態は高台へ移転した病院の敷地内にあるバス停である。 上り下り共用である 軒下を借りている状態だが、病院の待合室でもバス待ちできる。 病院全体 --- つづく ---

大船渡線-24:高田高校前駅

「高田高校前」は一般道のBRT駅で、実態はバス停である。一部の便が公共施設を経由する迂回ルート上にある。高校は津波で被災したので一段高い山側へ移転した。 上り方面行き 上り方面行き:高校は左の画角外である 左の階段が高校の入口 --- つづく ---

大船渡線-23:陸前高田駅

「陸前高田」は一般道沿いの交通ターミナルにあるBRT駅で、旧鉄道駅から見ると北東の嵩上げした高台にある。 ちゃんと駅舎の外観をなしている まだみどりの窓口は営業時間前だった 「駅前バスターミナルのバス停」にしか見えない 旧駅跡を方向を見る:まだ区…

大船渡線-22:栃ヶ沢公園駅

「栃ヶ沢公園」は一般道のBRT駅で、実態はバス停である。陸前高田市役所の仮庁舎があり、BRT開通当初は陸前高田駅だった。 BRT以外に他事業者のバス停も並んでいる:国道340号から立ち寄る形なので上り下りが同じバス停である。 反対側から見る:左に市役所…

大船渡線-21:竹駒駅

「竹駒」は専用道上のBRT駅である。2019年4月現在では駅の前後だけ専用道化されていて「陸前矢作」まで専用道が続いているわけではない。 下り方面のりばに待合室がある 待合室の向こうにトイレがある 左側が上り方面乗り場 下り方面乗り場の背面が見えるア…

大船渡線-20:陸前矢作駅

「陸前矢作」は専用道上のBRT駅である。現時点で上り方の「上鹿折」との間が未整備のため下り方から来て折り返す転回タイプとなっている。 屋根も待合室もトイレもある 転回場の向こうに専用道がのびる これに従い旧駅跡へ 通路は旧ホームの間にある 振り返…

大船渡線-19:奇跡の一本松駅

「奇跡の一本松」は一般道上のBRT駅で、実態はバス停である。迂回ルート上の新駅なので対応する旧鉄道駅は無い。 付近の道路工事の進捗に伴い位置が変わるため待合室も屋根も無い。本稿は2019年4月の時点での画像だが、アップ時で既に位置が変わっている。 …

大船渡線-18:長部駅

「長部」は一般道上のBRT駅で、実態はバス停である。迂回ルート上の新駅なので対応する旧鉄道駅は無い。 下りバス停は待合室がある 上りバス停は雨除けのみ --- つづく ---

大船渡線-17:唐桑大沢駅

「唐桑大沢」は一般道上のBRT駅で、実態はバス停である。迂回ルート上の新駅なので対応する旧鉄道駅は無い。 周囲は浸水域のため、川の堤防の嵩上げに伴う道路橋の付け替えでバス停付近の道路は仮ルートとなっていて、待合所はもとより屋根も無い。 下りバス…

大船渡線-16:八幡大橋駅

「八幡大橋」は一般道上のBRT駅で、実態はバス停である。迂回ルート上の新駅なので対応する旧鉄道駅は無い。 下りバス停 上りバス停には屋根がある --- つづく ---

大船渡線-15:上鹿折駅

「上鹿折」は2019年4月現在で相対式ホームの旧駅跡が手つかずで残っている。鉄道代替として宮城交通バスの鹿折線がBRTとして利用可能である。 宮城交通バスの「上鹿折駅前」が当該BRT駅の扱いである。バス停は片側にしかない。 両方向が一つの表に収まって…

大船渡線-14:鹿折唐桑駅

「鹿折唐桑」はBRT専用道上のBRT駅である。旧鉄道駅跡に設けられた。 下りのりばから上りのりばを見る:フェンスの一番右の「鹿折唐桑」の表記は「駅」が付いていないので駅名標に相当する。 待合室を背面から見る:「駅」が付いているので駅舎等にある駅名…

大船渡線-13:気仙沼駅

「気仙沼」は大船渡線の鉄道区間としては終端駅である。元は2面3線で単式・島式ホーム間の2線はBRT専用道化された。その結果駅舎側から 1番線(元単式ホームの一部):気仙沼線BRT 2番線(元島式ホーム駅舎側の「盛」方):大船渡線BRT 3番線(元島式…

大船渡線-12:新月駅

「新月」は単線の駅である、元は相対式ホームだった。 駅舎 駅名標 上り方を見る 下り方を見る --- つづく ---

大船渡線-11:折壁駅

「折壁」は相対式ホームの駅である、広い構内が国鉄時代を偲ばせる。 駅舎:建て替えられたらこんなに小さくなった 上の場所で左に振る:貨物ホーム跡が奥に見える 駅名標 向かい側ホーム上り寄りで上り方を見る 振り返る:このアングルだと貨物ホーム跡が分…

大船渡線-10:矢越駅

「矢越」は単線の駅である。 入口:駅舎は無い 駅名標 上り方を見る 振り返る --- つづく ---

大船渡線-9:小梨駅

「小梨」は単線の駅である。元は相対式ホームだった。 駅舎 駅名標 上り方を見る 下り方へ移動して上り方を見る 振り返る --- つづく ---

大船渡線-8:千厩駅

「千厩」は島式ホームの駅である。 駅舎 入口は左にある 出改札 ホーム側出入口 駅名標 構内踏切手前で上り方を見る 振り返る:手前は留置線である 島式ホーム奥側で下り方を見る 下り端へ移動:右は保守用車の車庫 振り返る 右に振る --- つづく ---

大船渡線-7:摺沢駅

「摺沢」は相対式ホームの駅である。元は2面3線だったようだ。 駅舎:公共施設と一体である 待合室にこいつが居た 運賃表:気仙沼線のBRT区間も含まれている 駅舎ホーム側 駅名標 駅舎直結ホームで上り方を見る 振り返る 下り方へ移動 振り返る:右側のホ…

大船渡線-6:柴宿駅

「柴宿」は単線の駅である。 駅舎 ホームから見る 駅名標 上り方を見る 振り返る 下り方へ移動 上の踏切から見る --- つづく ---

大船渡線-5:猊鼻渓駅

「猊鼻渓」は単線の駅である、その名の景勝地の最寄り駅である。 外観 入口 階段を上がった先 振り返ると待合室 駅名標 ホーム上り端で上り方を見る 振り返る 下り端へ移動 振り返る 列車込みで --- つづく ---