停車場遍路のJR各駅停車

JRの駅巡りの際に撮影した記録画像を駅毎にアップします

奥羽本線-1:笹木野駅

このシリーズでは2009年に奥羽本線笹木野―新庄の各駅を巡った際に撮影した画像を一記事一駅でアップしていきます。一日にアップする記事の数は不定です。

なお、起点である「福島」はライブドアブログのここです

blog.livedoor.jp


笹木野」は島式ホームの駅です。

駅舎は簡素な待合室のみになっていました

f:id:stnvstr:20180501154003j:plain

駅名標

f:id:stnvstr:20180501154155j:plain

下り方を見る:待合室も簡素である

f:id:stnvstr:20180501154444j:plain

振り返る

f:id:stnvstr:20180501154418j:plain

跨線橋から下り方を見る

f:id:stnvstr:20180501154639j:plain

上り列車が走り去る

f:id:stnvstr:20180501154545j:plain

次の駅「庭坂」に続きます

埼京線:渋谷駅(ホーム移転)

南にシフトしていた埼京線ホームが山手線ホームに並びました。駅全体(と旧ホーム時代)は下のリンクから。 

yorozutabi.com

ハチ公口通路:まだ工事中

f:id:stnvstr:20210328090731j:plain

ホーム直下も工事中

f:id:stnvstr:20210328090738j:plain

新ホーム北端で新宿方を見る

f:id:stnvstr:20210327091809j:plain

振り返る:東側

f:id:stnvstr:20210327091817j:plain

西側へ移動

f:id:stnvstr:20210327091824j:plain

南端へ移動:この先は新南口までの通路として旧ホームが残る

f:id:stnvstr:20210327091832j:plain

振り返る

f:id:stnvstr:20210327091840j:plain

西側へ移動

f:id:stnvstr:20210327091848j:plain

振り返る

f:id:stnvstr:20210327091856j:plain

西口側を見る

f:id:stnvstr:20210327091903j:plain

 

中央本線:飯田橋駅(ホーム移転)

ホームが西へ200m移動したので撮って来ました。旧ホーム時代は下のリンクから。

yorozutabi.com

 

東口の東側階段は閉鎖されている

f:id:stnvstr:20210327091634j:plain

旧ホームは通路として使っている半分はもとより、東側も残っていた

f:id:stnvstr:20210327091641j:plain

振り返る:新ホームまで100m

f:id:stnvstr:20210327091648j:plain

ようやく新ホーム:東端から東を見る

f:id:stnvstr:20210327091655j:plain

振り返る

f:id:stnvstr:20210327091702j:plain

北側へ移動:分かりにくいがそこそこ勾配がある

f:id:stnvstr:20210327091711j:plain

西側の末端まで移動

f:id:stnvstr:20210327091718j:plain

振り返る:南側

f:id:stnvstr:20210327091740j:plain

北側へ移動

f:id:stnvstr:20210327091726j:plain

左に振る

f:id:stnvstr:20210327091734j:plain

 

JR全駅乗降完遂仮締め

完遂なのに(仮)というのは矛盾ですが、そうせざるを得ない理由の90%は(臨)猪苗代湖畔駅(2007年度以降の営業無し)の存在です。さすがの私もいつ営業するかわからないものを相手にするほど酔狂ではないので一旦ここで締めます。

さて、この春の常磐線全線復旧により「夜ノ森」「大野」「双葉」の3駅が復活しました。そして今般乗降して取りあえずの全駅制覇としたわけで思えば長かったです。行程は以下で時系列的には大野駅が最後となりました。

原ノ町 14:00      
       
双葉 16:15 16:51 ひたち
大野 16:56 17:34
夜ノ森 14:35 16:05  
       
東京       20:43

JRの運賃は遠距離低減制を採用しているので適宜分割するよりは、帰途の全区間の片道切符に加えて行きつ戻りつの区間を別途運賃を払った方がお得でした。詳細は以下です。

  1. 所持しているBRT盛⇒名古屋市内の切符で夜ノ森駅で途中下車
  2. 夜ノ森駅の乗車駅証明で双葉駅で清算
  3. 双葉駅⇒大野駅の普通乗車券を購入
  4. 大野駅⇒夜ノ森の普通乗車券を購入
  5. 1の切符を夜ノ森から引き続き利用

実績として切符の画像を載せます。

ベースとなる片道切符(再掲)

f:id:stnvstr:20200625091502j:plain

夜ノ森駅乗車証明

f:id:stnvstr:20200625080139j:plain

その他

f:id:stnvstr:20200625081319j:plain

 

これまでも国鉄全線完乗とか国内普通鉄道全線完乗とかのステップを踏みましたが、達成時の感慨はあってもどの路線だったかを覚えてません。昔のことで忘れたというのもありますが、特に意図的に最後の路線を選んでないからです。

今回、大野駅が最後なのも単なる行程の巡り合わせですが「空間放射線量率が最も高い駅」で達成となりました。

あと、東京五輪が無ければもっと復旧は遅れたのに五輪の開催が不透明になって運命の皮肉のようなものを感じています。

JRの駅巡りの今後は冒頭の厄介な駅をはじめ(仮)の別の要因となる只見線の不通区間の(代行バスで巡った)6駅や通常の切符で行けない秋田港駅を横目で見ながら、新駅を都度乗降していきます。

 

-了-