停車場遍路のJR各駅停車

JRの駅巡りの際に撮影した記録画像を駅毎にアップします

奥羽本線-1:笹木野駅

このシリーズでは2009年に奥羽本線笹木野―新庄の各駅を巡った際に撮影した画像を一記事一駅でアップしていきます。一日にアップする記事の数は不定です。

なお、起点である「福島」はライブドアブログのここです

blog.livedoor.jp


笹木野」は島式ホームの駅です。

駅舎は簡素な待合室のみになっていました

f:id:stnvstr:20180501154003j:plain

駅名標

f:id:stnvstr:20180501154155j:plain

下り方を見る:待合室も簡素である

f:id:stnvstr:20180501154444j:plain

振り返る

f:id:stnvstr:20180501154418j:plain

跨線橋から下り方を見る

f:id:stnvstr:20180501154639j:plain

上り列車が走り去る

f:id:stnvstr:20180501154545j:plain

次の駅「庭坂」に続きます

岩泉線-8:岩泉駅跡

2010年に土砂災害で運休してそのまま2014年に廃止された岩泉線ですが、2020年に代替バス等を利用して以下の記事の行程で訪れました。

teishaba.hateblo.jp

 

岩泉駅跡は駅名標以外は残っていました。

 

旧駅舎正面:営業当時から入っていた商工会は残ってるようだ

f:id:stnvstr:20200623083441j:plain

岩泉までの開通は昭和47年だった

f:id:stnvstr:20200623083532j:plain

駅舎から駅前広場を見る

f:id:stnvstr:20200623083659j:plain

バス停名は消防署前となっている:奥は盛岡行きJRバスの待機場

f:id:stnvstr:20200623083801j:plain

駅舎のホーム側入口

f:id:stnvstr:20200623083837j:plain

振り返るとホームへ上がる階段

f:id:stnvstr:20200623083908j:plain

ホームで茂市方を見る

f:id:stnvstr:20200623084047j:plain

振り返る

f:id:stnvstr:20200623084108j:plain

末端側へ移動

f:id:stnvstr:20200623084134j:plain

振り返る

f:id:stnvstr:20200623084153j:plain

ホームの構造は島式だが単式として使われていた

f:id:stnvstr:20200623084230j:plain

小本川を渡って対岸で駅跡を振り返る

f:id:stnvstr:20200623084350j:plain

最寄りの代替バス停はJRバスのこのバス停が兼ねている

f:id:stnvstr:20200623084522j:plain

 

―つづく―

岩泉線-7:二升石駅跡

2010年に土砂災害で運休してそのまま2014年に廃止された岩泉線ですが、2020年に代替バス等を利用して以下の記事の行程で訪れました。

teishaba.hateblo.jp

 

二升石駅跡は駅名標以外は残っていました。

 

アプローチはホームの階段の下までは行けます

f:id:stnvstr:20200623072842j:plain

残念ながらホームには上がれません:左が茂市方

f:id:stnvstr:20200623072950j:plain

振り返る

f:id:stnvstr:20200623073019j:plain

ホームの先で振り返る

f:id:stnvstr:20200623073041j:plain

わざわざ看板まであるのに施錠されていました

f:id:stnvstr:20200623073147j:plain

代替バス掲示もあるから、廃止当初は使ってたのかも

f:id:stnvstr:20200623073336j:plain

駅の茂市寄りの橋をくぐって

f:id:stnvstr:20200623073446j:plain

坂を上った先でレールが途切れてました

f:id:stnvstr:20200623073714j:plain

振り返る

f:id:stnvstr:20200623073559j:plain

 

―つづく―

岩泉線-6:浅内駅跡

2010年に土砂災害で運休してそのまま2014年に廃止された岩泉線ですが、2020年に代替バス等を利用して以下の記事の行程で訪れました。

teishaba.hateblo.jp

 

浅内駅跡は地元有志により保存維持されているそうです。

 

駅舎

f:id:stnvstr:20200623065715j:plain

待合室内

f:id:stnvstr:20200623065737j:plain

窓口跡

f:id:stnvstr:20200623065754j:plain

構内側から

f:id:stnvstr:20200623065822j:plain

駅舎からホーム跡を見る

f:id:stnvstr:20200623065910j:plain

左に振る

f:id:stnvstr:20200623065933j:plain

ホームの向こうに線路が残る:奥が茂市方

f:id:stnvstr:20200623070105j:plain

振り返る

f:id:stnvstr:20200623070126j:plain

給水塔近影

f:id:stnvstr:20200623070155j:plain

まだJRの設備が残っているらしい、ただ看板はなぜ「新幹線」なんだろう

f:id:stnvstr:20200623070245j:plain

 

―つづく―