停車場遍路のJR各駅停車

JRの駅巡りの際に撮影した記録画像を駅毎にアップします

奥羽本線-1:笹木野駅

このシリーズでは2009年に奥羽本線笹木野―新庄の各駅を巡った際に撮影した画像を一記事一駅でアップしていきます。一日にアップする記事の数は不定です。

なお、起点である「福島」はライブドアブログのここです

blog.livedoor.jp


笹木野」は島式ホームの駅です。

駅舎は簡素な待合室のみになっていました

f:id:stnvstr:20180501154003j:plain

駅名標

f:id:stnvstr:20180501154155j:plain

下り方を見る:待合室も簡素である

f:id:stnvstr:20180501154444j:plain

振り返る

f:id:stnvstr:20180501154418j:plain

跨線橋から下り方を見る

f:id:stnvstr:20180501154639j:plain

上り列車が走り去る

f:id:stnvstr:20180501154545j:plain

次の駅「庭坂」に続きます

鹿児島・筑豊本線:折尾駅(高架化完成後)

「折尾」は地平にあった筑豊本線(および鹿児島-筑豊短絡線)を高架化し、鹿児島本線と並べて大規模な変貌を遂げた。

 

単式ホーム1番線:鹿児島本線筑豊本線

島式ホーム2・3番線

 2番線:筑豊本線鹿児島本線

 3番線:鹿児島本線下り

島式ホーム4・5番線

 4番線:鹿児島本線上下兼用

 5番線:鹿児島本線上り

 

駅舎を挟んで筑豊本線上下兼用で島式ホーム6・7番線がある。

 

駅舎・入口を集約しこの一箇所となった。新築だが旧来の形を残した。

 

改札

 

改札内コンコース:左から1番ホーム、2・3番ホーム、4・5番ホームへの上り口が見える

 

逆アングルを5~1番線方向に見る

 

改札の右側は6・7番ホームへの通路

 

1番線の駅名標

 

1番線で鹿児島本線上り方を見る

 

振り返る

 

3番線の駅名標

 

2・3番ホームで鹿児島本線下り方を見る。左の複線は筑豊本線への短絡線、右の(先で複線となる)3本は鹿児島本線である。

 

振り返る

 

2・3ホーム発車案内:堂々たる複線でありながら1・2番線に発着する列車は少なく、2番線は撮影の時点で明日まで客扱いする列車が無い。

 

4・5番ホームで鹿児島本線上り方を見る

 

振り返る

 

7番線駅名標

 

筑豊本線上り方を見る

 

振り返る

 

筑豊本線下り方を見る

 

振り返る

 

駅舎がこのアングルで見える

 

5番線が見えている

 

本来、私のルールでは一旦乗車した路線や乗降した駅は高架化しても再度訪れないが、折尾駅筑豊本線のルートが変わり過ぎたので以下の経路を乗っておいた。

 

(黒崎⇒)折尾1番線⇒東水巻⇒折尾7番線⇒本城⇒折尾6番線

 

当初計画では()内を含んでいたが博多⇒黒崎をソニックで移動中に折尾到着が(折尾で追い越す先行普通列車の影響で)4分遅延した。6分乗り継ぎだが間に合わないと判断したので折尾で下車した。黒崎-折尾は鹿児島本線旅客線として複々線なので乗らなくてもいいのだが、ダイヤ上は乗継が成立したので含めておいた。

 

折尾以外の2駅にせっかく降りたので、訪問・撮影済みだがついでに撮った。

 

水巻

 

本城駅

 

西九州新幹線:長崎駅

「長崎」は島式ホーム2面4線の高架駅である

 

かもめ口(東口:新幹線側)

 

殆どのバス路線は電車通りだが、交通広場に乗り入れる路線もある

 

東西自由通路

 

新幹線改札

 

在来線改札

 

新幹線改札内コンコース

 

逆アングルで

 

2つ前の画像を壁の正面から撮る

 

在来線側との仕切りの手前にプラレール

 

乗換改札

 

駅名標

 

東側ホーム(13・14番線)で上り方を見る

 

振り返る

 

西側ホーム(11・12番線)で終端側を見る

 

13番線に列車がいる場合

 

終端寄りへ移動:車止めがある

 

振り返る

 

末端まで行くと港が近い

 

振り返って11番線

 

右に振って12番線

 

列車込みで

 

末端を港側から見る

 

いなさ口(西口:在来線側)